プログラミングは簡単で難しい – これからの人へも、転職で悩んでいる人へも

programingdepth IT

おはようございます。
プログラムは20年以上作っているぷるぷるほっぺ家族パパです。

実際にはいろんな業務をこなしているので、プログラムだけをやってきたわけではありません。
運用も設計も実装も、サーバーやクライアントの管理まで様々なことをこなしながらやってきています。
これは小さな会社なので、大変な面も、楽しい面もあって、なんとかやってこれたというのが正直なところです。

私が長年IT関係で仕事を続けてこれたのは、プログラミングのスキルがあったからです。
コンピューターでは、プログラムで物を作れると解決できることが多いですよ。
知っているだけで重宝がられ、感謝されるのです。

これからプログラムを学習しようとする初心者の方にアドバイスがあるとすれば、「最先端を目指して挫けるよりも、実際に使えるスキルを身につけていって欲しい」と言うことです。

もちろん、大きなプロジェクトチームの中で働く、デキる人はどんどん進んでもらうべきです。
そういうデキる人はどこかにヘッドハンティングされたりして、すごい仕事に突き進んでもらいたいですね。

出来る範囲をうまく活用して、自分の仕事をきちんとこなしていくようにしましょう。
出来ることが見えていると、意外にも職業としてやっていくことが出来るものですよ。
私は大したスキルもありませんが、20年以上IT・PC関係を仕事にして働いています。
もちろん、常に新しいことを学習・チャレンジして見分を広げていく意識は必要です。
広く深すぎないけど浅すぎないように、日々勉強していく覚悟が必要です。

満足度96.6%のプログラミングレッスン – 無料カウンセリングあります!

プログラミングは簡単で難しい

プログラム言語の基本は文法と概念です。
言語によって作法が違うので、合わせないとプログラムが組めません。

とは言え、最近の私は都度ググって思い出しながら解決しているのが現状です。
それでも十分に組めるプログラムはたくさんあります。
長年やっているとそんなもんです。
難しいことはしないのですが実用的なプログラムはそんなものです。

プログラムを書いているときに大事なのは、組み方やアルゴリズムです。
つまり目的に達するための手段と方法が重要で問題です。
ある程度、定石的なものがあるようなものもあります。

しかし業務では、無駄なことをいちいち組み合わせないとユーザーのニーズに応えられないなどと言うこともあります。
私のような小さな会社で働くと、設計の難しさと楽しさがあります。

実はUIこそ重要

ユーザーが目にする部分(UI)と操作性が重要です。
最終、UIができていれば問題ないのではないかと思うことすらあります。

少々、プログラムの出来が(プログラミング的に)悪くても、ユーザーの感じる使いやすさ・分かりやすさに勝るものはありません。
計算処理時間をプログラムで1秒早くするより、UI・操作性の分かりやすさを改良する方が、ユーザー受けもよく、評価も高くなります。

これはプログラミングができる人ほど、見た目は気にしないという悪しき習慣ですが、事実なので気に留めておいてください。
何が伝えたいかと言うと、UI・操作性もプログラムの一部だということです。

Microsoft(Windows)が多く採用された結果で開発作業が「見た目部分」と「中身の処理(バック)部分」に分業になった影響ですが、見た目も大事ということです。

私のように何もかも自分でやるような仕事は、すべては自分で開発しなければならないので分かることではありますね。

学ぶ言語を選ぶには

Programing
学習するプログラミング言語は目標で決まります。
目標とか分からない方は「HTML」「CSS」、さらには「PHP」「JavaScript」などを勉強しましょう。

あなたは何を目指して学ぼうと考えているのでしょうか。

ゲームを開発したいとか、ソフトが作りたいとか、サービスを作りたいとか、何にしてもそのやりたいことを実現する言語を調べて学習します。
最近では言語の学習ではなく、ツールの操作を覚えれば出来ることが増えてきているようなことも多く、何がどこまでプログラミングと言えるのかも難しくなってきています。

目標の定まった方は、調べれば自然に学習すべき言語が分かると思いますので、それを学習すればよいでしょう。

\\現役エンジニアによる満足度96.6%のプログラミングレッスン//
現役エンジニアのオンライン家庭教師【CodeCamp】
// 目的にあわせた最適な学習プランでキャリアの幅を広げよう!\\

勉強する言語が決まっていない人は

おすすめはHTML・CSS、そしてPHP・JavaScript

転職などを検討していてプログラムを勉強しようと思っている方や、将来のためになんとなくプログラムを学習しようと考えている方もいらっしゃるでしょうか。

何を勉強すべきか悩んでいる初心者にお勧めするのは、「HTML」「CSS」です。
Webページを作れる勉強をしましょう。

そんなの簡単だという方は、「PHP」「JavaScript」学習をしましょう。
Web全盛と言われて長いですが、それでも尚Web関係の仕事が無くなりそうにはありません。
サーバー側処理としてPHP、クライアント側の処理でJavaScriptがあれば、結構なシステム構築も可能です。

Web系は、まだまだ何年間も使えそうですよ!

パパの場合はC++でした

元々「C++」を独学で学習し、「HTML」「PHP」「CSS」「JAVA」「JavaScript」など、なんでもかじってきました。
学習してないですが、「Perl」「VB(VBA)」「Python」など、いくつかの言語をその場で触ったりもします。

私がC++を学習したのは、C++の本があったからです。
「Cマガジン」と言う雑誌もありました。
大量に持っていましたが、まとめて捨てた記憶があります。

Basicの本もありましたが、ベーシックと言う名前が気に入らなかったのです。
ほぼそれだけの理由です。

しかしC++を勉強したおかげで、王道の作法・文法が学習出来て、そのスキルが今も生きています。
(C言語の文法と言うべきかも)

柔軟な考え方で望みましょう

Programing
プログラマーにも失敗することや経験値は必要です。
悩んだり調べたり、教えてもらったりして向上していきます。

プログラマーとは職人気質なものですが、やはりそれだけでは向上しません。
私は長年SE的に働いてきましたが、失敗や経験がものをいう職種であることは確かです。

ゲームプログラマーはゲームプログラマーの、組み込みソフトプログラマーは組み込みソフトプログラマーの失敗や経験があり、それが次のステップに繋がっています。
仕事や内容に差はありますが、すべて柔軟な考え方で物事を受け入れ、前に進むしかありません。
何事も脳内実験する余裕をもって臨みましょう。

デジタルだが、奥が深い仕事である

コンピューターはデジタルなので0か1しか無いので、正解か不正解かしかありません。
しかし実際には問題が複雑に絡んでややこしいこともあります。

バグやエラーがはっきりわかる設計も必要です。

単純なものが繋がって奥の深いものになっています。
奥が深いということは、大変でもありますし、楽しくもあるということです。
頑張りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました